太れない

お菓子を食べて太る人と太らない人の違い【恐怖のお菓子のカロリー】

更新日:

お菓子を食べると太る

お菓子を食べると太ると言われており、これは立証されてますね。
ポテトチップによる肥満なんかが問題になったりもしていましたよね。

でも、お菓子を食べても太らない人もいますよね。
なんで?私はお菓子を食べればブクブク太るのになんで人によって違うの?って疑問を持ったことはないですか?
これは体質でもなんでもなく、食事の量と関係があります。
今回はその辺に対して解説していきますよ!これでお菓子も怖くない!

お菓子はカロリーの塊

お菓子を食べると太る理由としてはカロリーが高く、満腹になりにくいからです。
カロリーが高いというのは周知の事実だと思いますが更にお腹にたまりにくいので満腹にならない、つまりいくらでも食べられてしまう!
これがお菓子の怖いところです。

満腹感を与えるビタミンが少ない食材を食べてもあまりお腹に溜まった感じがしないんです。
お菓子はビタミンが少ないものが多く、満腹にならない⇒もっと食べる!この繰り返しになってしまいがちなんです。

満腹感がないだけでカロリーは摂取しているため、体が吸収して脂肪に変え太ると言うことが起きてしまいます。

お菓子で太らない人

こういった人は普段からカロリーが不足しがちな人が多いです。
つまり日常の食事の摂取量が少ない、カロリーを消費する量が多い(運動量が多い)場合は体の中のカロリーが不足しお菓子を食べても適正量の中に含まれます。
だから太らないんです。

何よりも体重が増えると言うほどお菓子の質量は重くありません。
お菓子一袋食べて1kg太るなんてことはないんです。

普段の食事でカロリーを十分に摂取して更にお菓子を食べてしまうと、カロリー過多になってしまい食べた物が脂肪へと変わってしまうんです。

-太れない

Copyright© 【美容】と【健康】 , 2018 All Rights Reserved.