【地球パワー!温泉の医療効果】美容・健康にファンゴ医療を始めよう

更新日:

温泉

温泉の医療効果

温泉は天然の医療機関とも言われており、沢山の効能があります。

温泉の効能は、共通するものと、温泉によって異なるものがあります。

温泉の効能

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、健康増進

塩化物泉 切り傷、火傷、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病
炭酸水素塩泉 切り傷、火傷、慢性皮膚病
硫酸塩泉 動脈硬化症、切り傷、火傷、慢性皮膚病
二酸化炭素泉 高血圧症、動脈硬化症、切り傷、火傷
含鉄泉 月経障害
硫黄泉 慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、糖尿病(硫化水素型)
高血圧症、動脈硬化症
酸性泉 慢性皮膚病
放射能泉 痛風、動脈硬化症、高血圧症、慢性胆のう炎
胆石症、慢性皮膚病、慢性婦人病

温泉泥 ファンゴセラピー

ファンゴって知っていましたか?

ファンゴはまだ日本での知名度は低いですが、イタリアでは公的保険を受けられるほど温泉医療の効果を保証されています。
温泉と言えば日本みたいに思う所が私はありましたが、イタリアでも温泉は有名なんですね。

その日本では温泉が有名というイメージとは違いまだこのファンゴセラピーを受けられる場所は限られています。

よく聞く泥の顔パックなどは同じ泥でもファンゴとは違います。
市販の顔パックなどはクレイと呼ばれている別の粘土(泥)を使用しています。こちらも効果がないわけではありませんがファンゴほどの成分は含まれていません。

クレイ<ファンゴって感じですね。

ファンゴセラピーってどういうの?

ファンゴセラピーは濃縮温泉泥による温熱療法です。

温泉成分を濃縮させるために、数種類の天然鉱物配合体を源泉に約1 ヶ月かけ流し、熟成させて作ります。
泥には熱を保持する力が高いので、温泉の熱と成分を捕まえたまま、人肌に施術することができます。温泉入浴を繰り返すよりも、短期間で効率よく、温泉効果が得ることができます。

温熱療法の目的はからだの血行を良くすることです。

泥は体全体に塗るのではなく、背部全面と、関節部を中心に置いていきます。
関節部が温まり、血行が促進されると、組織の新陳代謝がよくなり、痛みのもととなる化学物質が取り除かれやすくなります。

筋肉や関節のこわばりがとれて、動かしやすくなります。ファンゴセラピーは、患部の冷えによる血行不良が原因で痛みが悪化しているケースで特に効果を発揮することが期待されます。
またファンゴセラピーを継続して受けることで、新陳代謝が活発となり、免疫力が上がることで、確実に健康効果を体感できると期待されています。

ファンゴセラピーが受けられる場所

日本でファンゴセラピーを受けられる場所は少ないです。

まだそこまでの知名度はなく、イタリアのように公的保険も適用されていません。
今も医療の分野でも注目されて続け研究が続いていますが、それでもまだ日本では3か所だけだと言われています。

普段から温泉を巡っている人はもしかしたら行ったことがあるかもしれません。
特に今注目されているのが、こちらです。

Garden公式サイト
温泉、エステ

今日本に3か所しか存在しないと言われているファンゴセラピーを受けられます。

ちなみに3か所すべて温泉施設の中にあります。
これは当然と言えば当然ですね、そのため都内とかでは受けられません、残念。

温泉+ファンゴセラピーがメインの日帰りコースなどもありますが、どうせなら体を癒し、自然の中でも心の疲れも取れると良いですね

ちなみにその温泉が庄川温泉郷 鳥越の宿 三楽園です。

富山にある温泉ですが、北陸新幹線が開通したこともあり行きやすくなりましたね。

クレイ、ファンゴ
エステの泥の種類は?クレイとファンゴの種類と違い【美肌への道】

目次エステの泥とはエステ泥の効果【エステ泥】クレイの種類【エステ泥】ファンゴとは エステの泥とは エステの泥とは、大きく分けるとクレイとファンゴに分類されます。 泥のパックなどではほぼクレイが使用され ...

続きを見る

-クレイ・ファンゴ

Copyright© 【美容】と【健康】 , 2018 All Rights Reserved.